”私”は「それ」とは出会えない

“私”が創造したものを“私”が解放し、また別の何かを創造し、またそれを解放する、金魚鉢の中の生滅のプロセス。
ある要素が完結し、また、新たな要素がやって来ます。
確固たる意志を持つ“私”も、大きな目標を実現した“私”も、霊的成長を目指す“私”も、自己を見つめる“私”も、金魚鉢の中で起こっています。
それが、下位身体での“私”の成長というものです。
そして、それには、何も悪い事はありません。

 悪いことはないけど、もうたくさんだ…終わらないじゃないか…

もううんざり…

「それ」は、金魚鉢の中味とは、全く関係ありません。
“私”が何をしたかしなかったか、何を感じているかいないか、何を知っているかいないかには、一切関係ありません。


 “私”は、「それ」とは出会えません。
“私”を探る事で、“私”を知る事は出来ても、「それ」を知る事は出来ません。

 

 

ameblo.jpより

「それ」はずっとそこにあるんだとさ。

笑えるくらいのオープンシークレットなんだとさ。

いまの”私”は「それ」しか欲しくないので、”私”は去るよりほかないのだ、

 

アディオス!

 

https://www.instagram.com/p/BdP_KKsFzMM/

お坊さんがおススメしてくれた禅の本、まったく初心者のくせにまたこっそり買ってしまいました。猛烈に読みにくいです…まだ雪渓老師の十玄談のほうがずっと読みやすかった…頭でっかちの私はすぐ本に頼ろうとするのであった。。。