マインドとがっぷり四つ(はっけよ〜いのこった♡)

さてさて〜みなさんお元気ですか?

座禅をすると、自分の人生に責任をとることについてまず取り組むことになり、起こった出来事をなにかステキな解釈にすり替えずに、ありのまま受け取ることをやりつづけます。

また、フラワーエッセンスをじっくり習い始めたので、これも、自然を通して自分を見つめるツールとなり、しっかり取り組み始めると、ヒーリングクライシスに、つまりは、

「おれが今までやってきたことはなんだったんだ〜〜〜〜〜」的な混乱、または落ち込みを通過する可能性があると。

わたしはこのふたつをほぼ同時に始め、進行しているがために、もう本当に、「いままでやってきたことはなんやったんや…」というしんどさを味わっておりました。

怒り、寂しさ、拗ね、悲しさ、虚無感、そういったことのためにいろんなことをやってきたつもりだったのによ…(笑)。

あ、大丈夫です、不幸ではありません。

そいでね、ゆるやかに死ぬ、ということをここんとこずっとやっていたんだなと思いました。自分の中の古いものを、殺しているわけです。わたしは軟弱なので、時間がかかります。

死と再生…うーんそんなかっこいい感じかどうか…生まれ変わった私!とかそゆことじゃないですよね、青鯨読者ならわかっていただけようこの、なにがどうしたということもないんだというニュアンス(笑)。

ほいでね、いろんな感情に圧倒されて、それこそ体にも痛みが出るし、具合もちょっこし悪くなったりするし、そんなダイナミックな中で、そのつらさ、苦しさが、今の自分のものなのか、過去の自分のものなのか、過去の人生の自分のものなのか、ミラーニューロン的他人のものなのか、そういったことのほかに、集合的なものの可能性も、カウントする時期に入ってきたなあという気がしませんか。

それは世代だったりするし、なにかを共通項としたもっと広い範囲の集団…とかね。

自分自身を見つめる、自分の魂を見つめると思って取り組んでても、もっともっと見つめて行くと、色も形もなくなっていきませんか?魂、というくくり自体が、透けてしまうような感覚。

ほんじゃあ、いったい自分を癒す取り組みって、え?癒すって、誰を?って具合です。

でね、でね、そうすっと、エゴの揺り返し、みたいなものがあるのかなって。わたしよ〜このわたしぃ〜〜!という主張が。わたしだけか?

でもこれ、なんというか、無境界というか、感情のジェットコースターに乗ってても、「これ私の感情なんかなあ?」という疑問が湧いてきます。なんとなくしっくりこないのです。

わたしの場合はこんなプロセスですけど、そういう人増えてるんじゃないかという気がする。いままでも実は誰でもそうでしたけど、より、個人を癒すことを通じて、家系や集団を癒すことがワークになっている段階にいる人が。わたし世代なんかは特にそういう人多いと思いますね。抑圧される性の、終わりの始まりをやる世代って感じ。

 

まあそういうことで、すみません、とりとめもない話でござんした。

 

ええ〜まとめると、ええ〜そうですね、あ、最近は脳やトラウマに関する本をよく読みますが、心理学の本をちゃんと読んできたことがなかったなと思い、河合隼雄せんせーの本を読むようにしています。もっと早く読んでいればと思いますが、昔のわたしでは無理だったろうなとも思います。それに関連して、神話や民話から、人の原型(アーキタイプ)を追って行くことで自分の奥深くへ入って行くというアプローチを、やっと興味深く思えるようになりました。いや、がっつりニューエイジャーだったわたしにとっては、感慨深い変化ですぅ〜〜〜(笑)。

https://www.instagram.com/p/BaBkL7Il8N8/

この半年くらいなかで、これらプラス、「脳はいかに治癒するか」面白かったです。おすすめ〜(禅関連、小説除く)

あ、ちがう、まとめるんだった、ええと、そうそう、こないだともこさんとななえさんと会ってたんだけど、会う1,2日前にわたしね、「自分は実は繊細なのではないか」と思い至ったのですよ。(ちなみに繊細というのはわたしにとっては若干残念なカテゴリである。わたしは自分を、いい意味で鈍感でなんでも来いの整体師と思いたかったので)それを思い切って2人に話したら、爆笑されましたよね。それは予想していました。思い至った時点で、「もしや今更なのでは」と思ったので。さらに数日後なおちゃんに話したところ、「そやで〜〜〜!(会う時)人ごみの中に来てもらうの大丈夫かなと思ってたもん〜!」と…。どおりで…彼女、会うときはいつも、「わたしがそっちへ行くから」と言ってくれるのは、そういう意味もあったのか…。いやわたし、ライブも行くし、マーベル映画も観ますから…!

あ、まとめまとめ、あ〜、まとめると、ええ〜、わたしのマインドは日夜大ハッスルと申しましょうか、マインドのインディペンデンスデイというか、マインドのスターウォーズというか、マインドの特攻野郎Aチームというか、マインドのマッドマックスデスロードというか、なんにせよ、大事なことは何も言ってない、ということです。大事なのでもっかい言います。大事なことはなんにも言ってません。

…こんなん、ほんまに読んでくれる人いるんか…(笑)すみません…もう少ししたらもうちょっとまともなことが書けるかな…えへへ…