飛ぶフラワーエッセンス教室2回目 ミムルス

フラワーエッセンス楽しいわ〜〜!

毎月一回ゆっくり進むのもいい。とても楽しみでね、幸せな時間になりますわ。

前回、タチツボスミレのエッセンスを摂り続けたと書きましたが、もともと先生が作ったもので、こういう効果がある、と明確なものはもともとなかったので、こういうのなんて言ったっけ、ブラインド治験?(笑)

ハートが整う感じがあって、摂取していて気分のいいものでした。いろんな感情のときに飲んでみたけど、感情に働きかけるって感じじゃなかった。ただただ、ハートが、素朴に、まるく、整うって感じで、結局最後までなにかわかったことはなくてね(笑)。

FESにバイオレットがあり、そこでは、デリケートな感受性の人が、自分に忠実にありながら、他者となにかを分かち合える喜びを持てる、というテーマがあるそうな。

内気な人が、人と交流する中でも真価を発揮できるような…バイオレットは、太陽の陽が当たると芳香するんだって。

さて2回目は、心配や不安を落ち着きと安心に、というテーマでした。その中で習ったエッセンスは、

ホワイトチェスナット→頭の中がぐるぐる考えでいっぱいになるとき、内面に落ち着きと静けさを与えてくれる

ウォルナット→過去の経験や習慣、信念に制限されて動けず苦しいとき、そこから自由になれる

アスペン→特定の物事ではなく、漠然とした不安や心配があるとき、未知に対しても安心感をもっていられるようになる

ロックローズ→恐怖、パニック、不安…厳しい状況に苛まれているとき、勇気と冷静さをもてる、レスキューレメディの中にもはいっている

ミムルス→恐れ(特定の出来事、物事)に向き合えない時、勇気と前向きさをくれる

 

で、わたしが次回の教室まで取り組むことにしたのが、ミムルスでした。わたしいま移行期でね、仕事も人間関係も、向き合わなければいけないんだけど、めっちゃ怖いの!すっごい怖い!

でね、潜在的なテーマに、がつ〜んとマッチしてしまったとき、わっしょいわっしょい反応が(とくにネガティブにみえる反応が)出るエッセンスをリアクティブレメディというらしいんだけど、わたしにとってリアクティブレメディだったかもしれない(笑)。

まず、黄色い花なんだけどね、なんかね、写真が気持ち悪かった…その花をみて、う〜ん…ってなるものは、重要なテーマである可能性があるけれど、まだ取り組む(向きあう)にはハードであるかもしれないとのこと。

ひえ〜〜わたし恐怖と向き合うのか〜〜〜ってビビりましたけど、でも…でも、摂ることにしてみた。エッセンスを信頼しているからね。愛以外のことは起こらないって、信じてるからさ〜。

で、端的に書くと、ハードです(笑)。
怖くて怖くて泣くというような震え上がるような日々の後、いまはなぜか、自分の孤独さ(とくにそうだった時代の自分)のために、そのときに泣けなかった自分のために泣く、ということが起こっていて、情けない、みっともない、でもよく耐えてきたなぁと思うと、なんだけ健気で泣けてくる。(笑)
どんな人でも、必死で生きていない人などいない。それを自分に言ってやるってことが、もしかしたらできるようになってきているのかもしれません。
ちょっと〜ミムルスってそこまでするの?(笑)

まだ摂り始めて1週間。じっくり観察続けます。

https://www.instagram.com/p/BU6oLB5FiTA/