読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートの聖なる空間へ

描いたり思ったり

ハートの聖なる空間は、わたしにとってかなり大事なエッセンスであるにも関わらず、こうやって書くのは初めてかもしんない。

とうとう!

わたしは4月、念願の、ロンさんという方がファシリテートしてくださる、「Awakening The Illuminated Heart (以下ATIH)」のワークショップに参加するため、人生で初めてハワイに行ってきます!わー!なんてこと!

ATIHは、ドランヴァロ・メルキゼデクが創設したワークショプで、ハートの意識から生きるよう導く神秘的なワークです。(マカバ活性とかするんだって)

ATIHで言われるハートとは、

「外なる宇宙と同じほど広大無辺な あなたのハートの内なる小宇宙 そこには天と地があり 火と空気 太陽と月があり 稲妻と星座があり 地においてあなたに属するものすべてがあり あなたに属さないものすべてがある これらの すべてが あなたのハートの小さな宇宙に集まっている」(ドランヴァロの著書「ハートの聖なる空間へ」冒頭で紹介されている「チャンドギャ・ウパニシャッ ド」(ヒンズー教の教典のひとつ)より引用

 のことです。脳と対比するところのハート、創造の源…

ATIHではいくつかのワークを通して、ハートにセンタリングしていくことを体で学んでいくそうな。

ドランヴァロが書いた本、「 ハートの聖なる空間へ」で紹介されている瞑想の、その深さ、至福…とうとう、これらを含んだワークを、ロンさんから受けることができる…

ハートの聖なる空間ってなんのこと?

ハー トの聖なる空間は、心臓の秘密の小部屋とも呼ばれ、「今ここ」であらゆることが可能となる、時間のない意識の次元です。世界中の古い文献や伝承がこのハー トに秘められた特別な場所について語っています。(中略)そのほかにもユダヤ教の律法書「トーラ」に関連して、文字通り「心臓の秘密の小部屋」という題名 の書物があります。「ハートの聖なる空間へ」より引用

ハートの聖なる空間へ

ハートの聖なる空間へ

  • 作者: ドランヴァロメルキゼデク,Drunvalo Melchizedek,鈴木真佐子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

↑この本も最高にエキサイティングだよ!

ATIHは日本にもファシリテーターさんがいらして、日本でも受けることができます。わたしは、数年前(たしかIHを習うより前)に、NY在住のスーパーカリスマキネシオロジスト、のりこさんのブログでロンさんによるこのワークショプを知り、彼から受けてみたいなあと、ぼんやり思って来ました。

わたしは英語ができないので、通訳なしではままならないし、まあでも、日本で日本の方から受けちゃおう!と思ってはいたのですが、なんじゃかんじゃしているうちに、のりこさん主催で、通訳つきのロンさんによるATIHが受けられると知った!ハワイでしたが、えいや〜、です(笑)。

う〜〜ん…本当に行くのか…?(エアチケットも買ったのに(笑))楽しみなような不安なような…

 

ドランヴァロといえばこれ!超エキサイティングな本!ヨダレ!さいこう。

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉

  • 作者: ドランヴァロメルキゼデク,Drunvalo Melchizedek,脇坂りん
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

あのさあ、こないだパステルマラソンしたときに、今年、幸せに暮らすヒントは?ってみんなでカードひいたんだけど、わたしがひいたカードときたら、「魔法」「最高会議」なのよ…最高会議って、宇宙の愛と光の存在で構成される連合体なんだって…

もうわしゃーね、今年も変わらずスッピスピで生きていこうと思うんですよ。スピッさんとして、スピッさんの名に恥じぬよう、胸を張って。

 (えっと、わたしが普段ハートと呼んでいるのは、臨在の目覚めた意識、といってもいいし、普遍のI AMと言ってもいい。個人のドラマや現象のあれこれを超えた愛といえるかもしれない。ハートっていっても、その意識にとけ込むのに、肉体でいえば胸部が入り口になっているような感覚があるので、それでハートなんだろなと勝手に解釈しています。)