ごめんねスピリチュアル

フェイスブックでつながっている、嶋崎さんの記事(唯一無二の経営ツール&システムを開発されている方なのだ)を読んで、思わず泣いてしまいました。

創視点「ある偉人の詩」
 
 
もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、
もっと肩の力を抜こう

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど
真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、
もっと騒ごう、
もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にも
もっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、
豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する
厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、
春はもっと早くから裸足になり、
秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、

もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに
厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩っては
クヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、

たまには馬鹿になったり、
無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、
だからこそ、生きがいがある。


ピータードラッカー 享年95歳 –

 いやあ、不覚にも、ぐすぐすと涙してしまいました。

わたしが初めて「スピリチュアルな道」と出会ったのは、今から11年前です。ネガティブであることが創作意欲の源であったものの、もう限界、誰か助けてと彷徨って出会ったのです。

これで苦しみから解放されると思いました。本当の私に出会えば、宇宙のエネルギーが降りてくる清い体であれば、インナーチャイルドを癒せば、お金のブロックをとれば、前世のあれこれと折り合いがつけば、全てあなたが引き寄せた、相手は鏡なのだから、相手の中に自分を見ているだけなのだから、怒るは愚かなり…

そうして育ったのは上から目線と、窮屈な精神論、グランディングゼロ度(わたしの星に還りたいだの)、ほぼ変わらないか若干悪化したのはひどい自己価値の低さだったと思います。

受け入れなければならないのに受け入れられないわたし、やれないわたし、行動できない私、

スピリチュアルに出会う前も出会った後も、自分を責めるテーマには事欠かないわけでした。

もちろんこれはモノの見方の一方であって、この時代があるから今があるわけです。この道を通過しないなんて考えられない。あのまま生きていくなんて可能だったろうか?

スピリチュアルな生き方が悪いんじゃない、わたしが全て履き違え勘違いしてやってきたから苦しかっただけだ。下手にわたしらしくとか、本当のわたしとか、十代のころ失敗したアイデンティティの確立をまたやろうとしてしまった。

自由じゃなかった。触れ幅は小さく、考え方が狭窄していた。人を否定して、本当のことも知らないで、とたかをくくったりしていた。巨大化していく「わたしは足りない」。

自分で自分を苦しめた〜〜深刻に生きちゃった〜〜〜

も〜〜笑っちゃう!

絵も描かなくなっちゃって、アホちゃう??

 

ごめんねスピリチュアル!こんなはき違えたわたしを許して!

 

でも、この道しかなかったのよねえ…これしかなかったのよ…

わたしはぶきっちょなので、こんなになるまでかかってしまった。

こんな道行きだからこそ出会ってくれた人々がいた。

ほらね、なーんにも間違ってない。

 でももういいわ(笑)。

 

神々の遊びは、ずいぶんマゾヒズムらしい…

https://www.instagram.com/p/BOcM9pcAXfV/

Instagram

さようなら…従来の「スピリチュアル」…見えないものを信じるとか、ハイヤーセルフとか真我とか、、もはや役に立たぬわたしの解釈よさようなら…

 

 

こんにちは、解釈のない世界