命はもっと軽やかなもの と、思ったこと

自分でセルフ調整してみてわかったのは、わたしは、なるようになるわ〜〜ひ〜っひっひっひと楽天的な反面、常になにかを憂いていたんだなということです。

https://www.instagram.com/p/BKNB3fUgKKb/

#illustration

自分の経済的なこと、老いていく両親のこと、今日も殺処分されている動物のこと、今日ごはんが食べられない子供たちのこと、今日どこかでレイプされている女性のこと…

人生は悲しみで満ちていると、本当は強くそう信じていたのかもしれません。

どうも、そう握りしめていた手を、ふわっと開いたような気がします。

軽い…

おとといの晩、…あれっ?

命は軽やかなもので、生まれてきたらセレブレーションなのよ?

人生は、命そのものを生きるだけだよ?

あれ?苦しいのおかしくない?

それちがうやつじゃない?

あれ?

そのあとなにかわかって…でも忘れて…(笑)

https://www.instagram.com/p/BKiYpSSAHlE/

無性にそう思えてならなかったので少女漫画風(昔の?)に表現してみました #illustration

↑ちょっとウルッとさせた風に描きましたが、実際わたしがそう思ったときはただきょと〜んとなっただけでした。

 

命はもっと軽やかなもの

人生は、握りしめずに、手放して自由に羽ばたかせるもの

あっ

人生を生きるんじゃなくて、命を生きるっていう…

たぶんこれからはそういう…

命を感じながら生きるっていう、そういう…なんか、アレなんじゃないでしょうか…