読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大腸経手三里の痛みから「原罪」へ、スピ的大転回した話その1

ある日朝起きたら手三里のツボが痛むので、自分で治して、プロセスを整体ブログの方に書こうと思いました。

https://www.instagram.com/p/BKTAqbygeDC/

ふと、揉んだりするんじゃなくって、キネシで調整しようと思い、カフェキネシを始めました。カフェキネシとは、手の井穴(せいけつ)を使った筋肉反射テストによる調整法です。簡単でとってもいい香りのエッセンスを使えて、自分で自分の調整を楽々できる画期的な方法。

筋肉反射テストの結果、大腸経をチェックした時に指の筋肉がオフになりました。まあそうだろうな、まさに手三里は大腸経なので。(必ずそうなるとは限らないのがからだの不思議なところだけれど、今回はそうなった)

カフェキネシのときに使うメタファー(言葉による問いかけ)の他に、本間先生がまとめたメタファーも使ってみました。大腸経に関わるキーワードで、筋肉反射テストでひっかかったのは、「」という言葉でした。

 

【メタファー】

ここでは詳しく述べないけれど、キネシオロジー…というか、アプライドキネシオロジーから生まれ、世のあらゆる「なんとかキネシオロジー」のおおもとになっているタッチフォーヘルスでは、経絡、筋肉などの不調の箇所を見ながらも、それらは「人生に起こっていることの象徴である」ととらえます。これが画期的なのです。

中医学の五行や筋肉の動きから連想される言葉による問いかけ(メタファーと呼んでいる)を使って、肉体を見ながらも、意識に働きかけていく調整方法、それがタッチフォーヘルスだ!たぶん!

 

罪…?罪がなんだろう…罪という言葉を使った作文をして、反応を見ていきました。

わたしは罪を犯した?わたしは罪を憎む?わたしは罪深い?わたしは罪を許します?

いろいろやっていて…なぜかハッとする…まさか…

わたしの存在自体が罪である

…ビ、

ビンゴ…

なんだそれはなんだそれは…!いまさら…そんな…なにそのラスボスな感じ…

いやいやいや〜〜わたしそんな深刻なテーマ持ってへんし!こんなストーリーに今更巻き込まれたくないわ〜と、その日は、深めるのをやめました。無理矢理大腸経のためのアロマスプレーをシュッして終了!

でもやっぱり気になる…自分のこの、基本的におどおどしたところ…(え?見えない?)いまはもうそんなことはないけれど、若い頃は、どこに居ても場違いな感じがしていたっけ。

で、結局日を改めて、「わたしの存在自体が罪である」を自分で調整してみることにしたのです。その「罪」の内容ってのがまた…知らんがな!!と叫んでしまった…

こういう、トンデモなテーマが浮上するのも、3週間ほど「変化を超えて再誕生する」なんていうエッセンスを摂っていたからかもしれません。まだ1本半残ってる…地味な浄化作業はまだまだ続くのか…がく…

というわけで続く

f:id:walkonthisplanet:20160917231418j:plain