読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの「いまここ」

おススメ! 描いたり思ったり

みんなが「いま、ここ」に完全に居る時、どんな感じかなあ?

わたしが、本当に、いま、ここ、この瞬間に意識があるときって、もう普段とは、同じものをみて同じ人と居ても、圧倒的に違います。圧倒的にです。

まず、景色の色彩が変わります。色がクリアになり、活き活きとしています。ひとつひとつが、目の前のコップが、プリンタが、蛇口が、全てが、圧倒的な存在感でそこにあります。

そこに居る人の存在感がいやましに増します。さっきからそこに居たのに、「あれ!?居たの!?」って思うほど違います。いままで2Dだったかなと思うほど。立体的で、空間の中に、ちゃんと存在して、そこに居る!(表現のしようがないや)

お風呂でなら、お湯の、お水の触感に感動します。すごい!なにこのてざわり!すごい!っていつまでも遊べます(笑)。

意識が研ぎすまされて、五感が豊かになるような感じです。

それから一番特筆すべきは、腹の底からわき上がるあたたかい、幸福感でしょう。こればっかりは、からくりがわかんない、なぜそうなるのか。そもそも生命は、生きることが喜ばしいからかもしれません。根源的なものなのかも。理由のない幸せ感。

蛇口を見てもプリンタを見ても「しあわせだな〜」って思えるなんてお得過ぎますよね。しかもただ!無料!

しかし、普段、24時間、完全に「いまここ」にいることなんてわたしにはないかもしれない。これほど違うから、自分が今どの状態か、わかるしね。そうそう、なんちゃっていまここ状態もあります。これはただ、思考が無理して黙ってる状態。思考が黙って、様子をうかがってるような状態です。ややこしく思えるかもですが、上述の状態にひとつもならないので、すぐになんちゃってだとわかります。

マインドフルであろうとしても、なかなか上手くいかなかったりするんですよね。思考癖がついてると、気を抜いたらもう思考してる。何考えてるかって、注意してみたら、つまんないことばっかりですよ、今それはいいじゃん、という程のこと。似たようなことをくり返し繰り返し、考えてるっていうより、じゃーじゃー流れてるっていう感じ、垂れ流し。思考の垂れ流しだね。

いまここに居るときと比べたら、普段の色彩は半分の世界だと思う。できればしっかりといまここに居られたら。

なんて妄想するから全然いまここに居ないわたしですが、それでも以前と比べれば雲泥の差です。そのきっかけになったのは『ニュー・アース』という本。思考があっちゃこっちゃに行ってほとほと疲れている人にはとてもおススメです。

 

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-