魔法学校が楽しくてしょうがない話

f:id:walkonthisplanet:20150514214016j:plain

最近魔女系の人によく会います。わたしも最近、鍋でいろんなハーブをぐつぐつ似たり、すり鉢で擦ったり、オイルに鉱物を入れたりしたくてたまりません(笑)。石けんを作ることに大ハマりして、部屋中を石けんだらけにしていた時期もありますが、あれ、制作過程が大好きだっただけで、出来上がったものをどうすることもできませんでした(笑)あの行程って、ちょっと錬金術っぽくないでしょうか。

さてわたし、3月から魔法学校に通っています。霧の森のみどりん先生のもとで、1年間、いろんなことを学びます。みどりん先生の師匠はガチの黒魔術師だそうで…でもみどりん先生は、術を使う時に、相手の力を奪うことはしない設定にしているそうです。わ〜魔法っぽい…

霧の森 翠鳥の魔法の部屋

まあ〜わたしがそのような習い事をするなんて、この人生で思いも寄らんことだったし、これまでの価値観では踏み込めない領域でした。おい、やっちまったな!というほどの思い切った行動なんですわたしにとっては…!

そんなみどりん先生に習うことは、前半が占術、後半がヒーリングとなっているそうですが、わたしは、「伝統的なマジカルオイルの作製法」がもうよだれが出るほど楽しみで楽しみで…!今はちょうど、タロットを習っています。「天命を活かすためのタロット」とのことで、大アルカナと「虚空のカード」、数秘の概念を織り込んだとても便利な占術だそうな。

タロットといえばわたしは今トートタロットにハマっていて、とても大事にしているんだけど、最初は、雪乃さんのカモワンタロット占いがあまりに見事で、ぜひぜひ習いたい!って思ったんですよね〜。みどりん先生からはウェイト版を使って習っています。

タロットなんて一朝一夕でできるものじゃないと思いながらも、雪乃さんがリーディングし残しがないか筋反射できいていくのを真似して、いま1枚引きまで習ったので友達になんちゃってリーディングしてみたのですが、なかなかこれ…いいんじゃないでしょうか…あたし…できてる…?(笑)

みどりん先生から習う中心的な概念として、「自己価値」「自己評価」があるのですが、わたしは、3次元での、幸せじゃ〜☆の指数は、自己価値が高いか低いか、自分をどれだけ愛しているかで決まると思っているので、「いかに自己世界をクリエイトしていくか」というみどりん先生の考えに興味津々なのです。本当に楽しみだし、実際毎回とっても楽しい!

わたしが習ったことは、どんどこどんどこ、いろんな形でシェアしていきたいなあ。みど子せんせい、いいよね??

彼女、もう本当にチャーミングで、あの話し方とか笑い方とか、毎回ガン見してしまうのですよ…でもまだ緊張しているわたしです(笑)。