意識的に生きるためのワーク(おススメ本)

やっほ〜よしだです!

この本には、身体症状に関して、縦横無尽なインナーワークがたくさん載っています!それがとてもよくて、わたしは加速度的に元気になってきたのでシェアします。

f:id:walkonthisplanet:20171125220157j:plain

土台となっている「プロセスワーク」は、本書の著者アーノルド・ミンデルさんが70年代に作った心理療法で、ユング夢分析の原理が、身体症状にも当てはまるよ、ということらしい。

で、夜見る夢というだけでなく、『私達の存在の深層で働いている創造的イマジネーションのプロセス』を『ドリーミング』と呼んでいてね、

身体症状に意識を向けていって、自由にイマジネーションを膨らませるのね。そこから、イメージが膨らむにまかせていく。そのイメージこそが「夢の領域」であり、測定は不能だし、合意的な現実からはかけ離れてるけれど、それが自分を動かす原初の見えない力(本では、沈黙の力って書いてる)で、そこにものすごい情報があるよ、と書いてある。

 

タイトルに「宇宙の声」とか書いてあるから、ちょっとなあ…って思ったんだけど、当然これが本屋さんの心理学コーナーで浮きまくってるんですよ(笑)。で、思わず手にとって立ち読みしたら、あ、これいいかもしんない!って思ったのでした。

 

身体症状に微細な自覚を向けていく、そしてつながる世界とは…というところに、量子力学とかナノサイエンスとか、波動関数とか禅とかシャーマニズムとか、タオイズムとか、まあ〜〜いろいろ書いてある!(笑)小難しい話がいっぱい出て来るんだけど、わかったようなわからんような(笑)。わからなくても、ワークはできます。とにかくワークが楽しく、有益に思えます!

 

身体症状は、微細な経験や気付きを、合意的な現実とは無関係のものとして周縁化しているから、気付きを要して出て来るものだって。

だからといって、その経験や気付きから深いところへ広がった時に伝えられる情報は、なにも警告というわけでもないのが面白いです。

ワークを繰り返していくと、困ったものとみなすしかない様々な症状も、多次元的に見ればいい悪いを超えていることがわかってきます。ワークは人間関係もテーマに進みますが、例えば、いま不穏な状況になっている現実は、背後にある微細なエッセンスを周縁化して、もっと広く深い部分でその人と共有している場、エッセンスに気づいていないからだと。背後にある見えない現実では、困った人は相手ではなく自分かもしれない。または、ふたりの可能性を伝えているのかもしれない。そうすると、イヤなヤツなどいない、ということになります。

さらに、属する社会、遺伝、老いや死についての隠れた知性に導いてくれるワークがいっぱいあります。

これをやって劇的に現実が変わったって自覚は正直ないけど、とにかく元気になったし、身体感覚も細やかになった気がするし、からだがどう感じているか気を配るようになったなあ。たしかに、身体の微細なサインに意識的になる、というところは、座禅のようでもあります。とにかく、静寂の中で自覚に焦点を当てる、ということが大事なのね。それは、いまにいる、ということにもなる。

 

病気は治すものというだけでなく、まるで禅の「公案」のように、『意識の拡大(深化)を目的とした、一見答えようのない問いなのだ』って書いてあって、そうかもしれんなあって。わたしたちは、なんにでも意味が欲しいでしょ?症状には病名がついて欲しいじゃん?でもその前に、非常に微細な揺らぎとしてノックしてくる身体の持つ知性に意識的であることが、今後の医療には大事なんだ、って書いてあった。

ワークは、実は最初の方は抵抗があったんだよね。例えば、体の症状に関してあるイメージが湧くと。そのイメージを手を動かしたりして強めていく。メッセージやなんらかの意味がわかるまで、やや強引でもいいからイメージを膨らませていくんだけど、

マインドに意味を付与させたって、それは症状に病名をつけたい欲求と変わらないんじゃないかなって。

で、そういう風に得たイメージは、その人がまた握りしめるドラマなんじゃないのかって。ドラマ増やしたってしょうがなくない?

でもミンデルさんは、それらのイメージもまた現実で、神話だと。あなたの神話を羽ばたかせてくださいって。実際、ワークを全部やったけど、いくつかの印象的なイメージが、わたしを温めてくれこそすれ、エゴを強化する材料には不思議なことになってない気がします。また、老いとDNAの章では、十牛図を用いて、老いとは、個人的な履歴を手放していく(周縁化を行うエゴの死)ことの非合意的意味だと言っています。

本の帯には、「心ある道」を生きるための心理学、とあります。要するに本書は、「意識的に生きる」ことが、どれほど生き生きとしたリアリティを取り戻すことになるか、ということを提示してくれてるのだなと思います。

これほんとおススメ〜。ワーク好きな人は、ぜひやってみてね!

わ〜〜おお久しぶりです

お元気ですか?わたしは元気です!

ネタはいろいろあるんですが、言語化するのが面倒くさくて(おい!)、なんかこう、細胞とか、周辺を漂っている自分の今の理解?みたいなものを、そのままに現すってことができないでしょう?言語化した途端チープになる気がして、そのまま置いておこうと…。。。

そんなときに出来た素晴らしいポエムですご覧ください。

https://www.instagram.com/p/BatcbW8FDvi/

Instagram

後半はちょっと意地悪なオマケです(笑)。

フラワーエッセンスの講座も2期に入っていて、面白い発見もいろいろあるのでそれもシェアしてみたいなあ。

あとねえ、ベックさんのライブも行ったんだよ〜幸せだったな〜〜〜♡

https://www.instagram.com/p/BaoaWe4FWUS/

さいこう!かわいい!かわいい!さいこう!#新木場studiocoast #beck

サティシュ・クマールさんのおはなし会に行ってみたよ。

みくさのみたから、という集いに行ってみたよ。

あ、ブレードランナー観に行った!?も〜〜美しかったね…涙。今年は大作でも滋味深いおはなしのものが多かったよね。当たり年ってやつかな?

いま読んでる本も、自分でできるワークがとても面白くて、なかなかいいのでシェアしたいです。

などなど、また地味に更新していこう…。

みんなは元気かな?元気だといいなと思います。

元気じゃなくても、ちゃんとサイクルがあるから、信じて、目の前のこと丁寧に丁寧に、紡いで行こう。

大丈夫やで〜〜♡

目が覚めてきた…

前々回の記事は恥ずかしいですね。誰かの気分を害したり傷つけたりしているかもしれない。膿みのような記事ですね。出したかったんだと思います。読んでくれた方ごめんね、でもありがとうございます。

「わたしには許せないことがあって」のくだりはひどいですね。でも、意識にはそう頻繁に登らないんだけど、ずっとそう思ってきていてだんだんしっかりしたしこりになっていた。要するに、自分が許せないわけです。わたし、自分が癒されたいことを他人に転化して、人を癒したいと思ってこの業界に入ったし、自分がキラキラするために模索したし、国家資格でないというところがコンプレックスだった(たぶん自覚している以上に)んだと思う。

でもどうしたことか、なんかボロボロと、そのわだかまりが落ちてしまって、不思議なほど。あの記事を下げようかどうか悩んで、ああいうクソみたいな部分もわたしだったので、さらしておこうかとも思ってるんだけど、万が一、なにかの折りにあの部分を読んで、傷つく人がいるかもしれない。どうしよう。どうしたらいいですか。傷つけたくない。

悩んだまま続けます。

わたしは自分のホロスコープを見るのはとても役に立つと思っているんだけど、(特に、いけだ笑みさんのこの一連のツイートは本当に衝撃でね〜〜〜。わたし自分の太陽星座が嫌いだったの。見ないようにしてたの。いけださんは、太陽星座とちゃんと向き合わないと人生はいづれ詰む、って書いてて、やっと思い当たるフシにいろいろ気づき、ハッとしたわけ。)

今回占星術関係で、10日にがらっと空気が変わる、という記事はよく見ました。わたし実はそういうのはよくわからなくって、いつも、なにが変わったんだろう…と思ったりしてたんですが、今回は、なんか、本当にそのころに、ふ、と目の前が明るくなったの。

数秘的にも特筆できる日であったらしいし、なにより、その日、わたしは今まで飲んでたフラワーエッセンスをとめて、アルニカとアンジェリカを飲み始めました。

https://www.instagram.com/p/BaNcD3vFH4n/

Instagram

いや〜…アルニカを飲んだ途端、ふ〜…と落ち着くのを感じました。

アルニカ…過去の肉体的、精神的ショック、トラウマの癒しに。精神的要素が原因で身体や心のバランスを崩しているときに。

なんと…なんかよくわからんが…全体的にヨレヨレだったのか…説明読むとぎょっとするけど、ちょっと心当たりある人はこれ飲んでみるのいいかもです…!

アンジェリカは天使とのつながり、サポート、みたいに書いてありますが、「霊的な孤立感」というのがずっとしばらく私にはあって、それで思わず飲もうと思いました。安心感のためのエッセンスだと思います。自分の中の寂しさというのは、自分で満たしていくより方法がないよね。

https://www.instagram.com/p/BaBiIZkFss1/

ソーダ味の金平糖

昨日、訳あって、フェイスブックに2016年ごろ投稿したある記事を探していて、ざーっと見ていったら、「何かが変わったみたい、なにかわからないけど、自分は変わった」みたいなニュアンスのつぶやきをアップしてて、思わず「プププ…なに気取ってるんや…おまえその後も似たようなことで七転八倒するっちゅーねん」と笑ってしまいました(笑)。

人間であるかぎり、喜びがあれば、必ず苦しみがセットなんですなあ。喜びだけの国が、世界が、境地が、あると思っていたこともありました。でも、どうもちがうのね。もともと人間に、備わっている機能のひとつなのだから、苦しいのはいやだけど、悪いことではないんだなって。悪いどころか、美しいんだなって。

でもできれば、なるべく、優しい気持ちでいる時間が長いといい。

ところで冒頭の件、どうしたらいいでしょう。

下げるか。下げようか。

下げます。

いや、残します。

 

マインドとがっぷり四つ(はっけよ〜いのこった♡)

さてさて〜みなさんお元気ですか?

座禅をすると、自分の人生に責任をとることについてまず取り組むことになり、起こった出来事をなにかステキな解釈にすり替えずに、ありのまま受け取ることをやりつづけます。

また、フラワーエッセンスをじっくり習い始めたので、これも、自然を通して自分を見つめるツールとなり、しっかり取り組み始めると、ヒーリングクライシスに、つまりは、

「おれが今までやってきたことはなんだったんだ〜〜〜〜〜」的な混乱、または落ち込みを通過する可能性があると。

わたしはこのふたつをほぼ同時に始め、進行しているがために、もう本当に、「いままでやってきたことはなんやったんや…」というしんどさを味わっておりました。

怒り、寂しさ、拗ね、悲しさ、虚無感、そういったことのためにいろんなことをやってきたつもりだったのによ…(笑)。

あ、大丈夫です、不幸ではありません。

そいでね、ゆるやかに死ぬ、ということをここんとこずっとやっていたんだなと思いました。自分の中の古いものを、殺しているわけです。わたしは軟弱なので、時間がかかります。

死と再生…うーんそんなかっこいい感じかどうか…生まれ変わった私!とかそゆことじゃないですよね、青鯨読者ならわかっていただけようこの、なにがどうしたということもないんだというニュアンス(笑)。

ほいでね、いろんな感情に圧倒されて、それこそ体にも痛みが出るし、具合もちょっこし悪くなったりするし、そんなダイナミックな中で、そのつらさ、苦しさが、今の自分のものなのか、過去の自分のものなのか、過去の人生の自分のものなのか、ミラーニューロン的他人のものなのか、そういったことのほかに、集合的なものの可能性も、カウントする時期に入ってきたなあという気がしませんか。

それは世代だったりするし、なにかを共通項としたもっと広い範囲の集団…とかね。

自分自身を見つめる、自分の魂を見つめると思って取り組んでても、もっともっと見つめて行くと、色も形もなくなっていきませんか?魂、というくくり自体が、透けてしまうような感覚。

ほんじゃあ、いったい自分を癒す取り組みって、え?癒すって、誰を?って具合です。

でね、でね、そうすっと、エゴの揺り返し、みたいなものがあるのかなって。わたしよ〜このわたしぃ〜〜!という主張が。わたしだけか?

でもこれ、なんというか、無境界というか、感情のジェットコースターに乗ってても、「これ私の感情なんかなあ?」という疑問が湧いてきます。なんとなくしっくりこないのです。

わたしの場合はこんなプロセスですけど、そういう人増えてるんじゃないかという気がする。いままでも実は誰でもそうでしたけど、より、個人を癒すことを通じて、家系や集団を癒すことがワークになっている段階にいる人が。わたし世代なんかは特にそういう人多いと思いますね。抑圧される性の、終わりの始まりをやる世代って感じ。

 

まあそういうことで、すみません、とりとめもない話でござんした。

 

ええ〜まとめると、ええ〜そうですね、あ、最近は脳やトラウマに関する本をよく読みますが、心理学の本をちゃんと読んできたことがなかったなと思い、河合隼雄せんせーの本を読むようにしています。もっと早く読んでいればと思いますが、昔のわたしでは無理だったろうなとも思います。それに関連して、神話や民話から、人の原型(アーキタイプ)を追って行くことで自分の奥深くへ入って行くというアプローチを、やっと興味深く思えるようになりました。いや、がっつりニューエイジャーだったわたしにとっては、感慨深い変化ですぅ〜〜〜(笑)。

https://www.instagram.com/p/BaBkL7Il8N8/

この半年くらいなかで、これらプラス、「脳はいかに治癒するか」面白かったです。おすすめ〜(禅関連、小説除く)

あ、ちがう、まとめるんだった、ええと、そうそう、こないだともこさんとななえさんと会ってたんだけど、会う1,2日前にわたしね、「自分は実は繊細なのではないか」と思い至ったのですよ。(ちなみに繊細というのはわたしにとっては若干残念なカテゴリである。わたしは自分を、いい意味で鈍感でなんでも来いの整体師と思いたかったので)それを思い切って2人に話したら、爆笑されましたよね。それは予想していました。思い至った時点で、「もしや今更なのでは」と思ったので。さらに数日後なおちゃんに話したところ、「そやで〜〜〜!(会う時)人ごみの中に来てもらうの大丈夫かなと思ってたもん〜!」と…。どおりで…彼女、会うときはいつも、「わたしがそっちへ行くから」と言ってくれるのは、そういう意味もあったのか…。いやわたし、ライブも行くし、マーベル映画も観ますから…!

あ、まとめまとめ、あ〜、まとめると、ええ〜、わたしのマインドは日夜大ハッスルと申しましょうか、マインドのインディペンデンスデイというか、マインドのスターウォーズというか、マインドの特攻野郎Aチームというか、マインドのマッドマックスデスロードというか、なんにせよ、大事なことは何も言ってない、ということです。大事なのでもっかい言います。大事なことはなんにも言ってません。

…こんなん、ほんまに読んでくれる人いるんか…(笑)すみません…もう少ししたらもうちょっとまともなことが書けるかな…えへへ…

俺の戸惑いを笑ってくれ(マインドおばけのひとりごと)

一体だれが、自分の脳のシステムから逃れられるというのだろう。

わたしたちは、自分の脳の、世界を認知するその方法に、全てを牛耳られていて、いや、牛耳られるというより、それが全て、それがわたしたちの世界の全てなのではないだろうか。

脳の仕組みを客観的に考えながらも、しかし自分のバイアスから逃れられない。わたしたちの世界はこのバイアスで形づけられ彩られ香るものでしかない。

では、世界とはいったい、現実とはいったい、本当のところは、どんな姿で、どんな色で、どんな匂いをしているのだろう?

目覚めたひとつの意識、マインドでない、全てを観ている気づいている意識、それすら、脳の新たな回路だとしたら?

非二元も、悟りも、新しい神経回路(または閉じていたものの復活、あるいはミステイク)だとしたら?

誰がそうでないと言えるのだろう?

中途半端に座禅が進むと禅病になる人が居ると聞いた。ウツのような状態になるらしい。わたし今それなんかも?

スピリチュアルな成長それ自体が幻想ではないかと、わたしの脳がそう解釈しようとしている。わたしにおいてはそうである。いままでやってきたことはなんだったのだろうと思うことばかり最近では。

わたしは収縮し途方に暮れている。

わたしにはいくつか我慢ならないことがある。週末だけのWSでヒーラー気取り、人のエネルギーや精神に触ることがそんなに軽いことだと思うなよ、もっと癒されてから来い。自分がキラキラしたいために人のメンタル触ろうなんてエゴイスティックの極みだ出直せ。対人援助したい人が自己価値を値段に乗せるな、心が閉じて長く動けなくなった人が最初にダメージを受けるのは経済状況じゃねえのか、などなど。(ふふふ、きみぃ、他人に言いたいことなど、例外なく自分に言いたいことなのだよ)

しかしそれすら、本当はどっちでもいいことだ。

ぐちゃぐちゃに癒されてない人も人を癒していい。承認欲求まみれでクライアントと共依存したっていい。

状況が変わったことについて行けず我慢に我慢を重ねたっていい。

がんばったことが最後の最後の弱さで全て丸つぶれになったっていい。

人は、「宇宙におまかせ」というとき、受け取ることは「自分にいいこと」が前提だ。

宇宙におまかせした内容に家族の死や戦争は入っていない。それはおまかせではない。

だがわたしがこれまで接してきた多くのスピリチュアルな概念は、「いいこと」のためにあった。いや、スピリチュアルは悪くない、それが私の脳の受け取り方だった。

「生きること」そのものではなかった。

いい悪い、快不快、楽しいつまらない、道理理不尽、その全てを受け入れる勇気を、わたしが受け取ったスピリチュアルな概念は優しく萎えさせてくれた。

生きることから逃げたかったわたしには、素晴らしい隠れ蓑になった。わたしはそれに気づかなかった。

ライフの全て

なにもかも、あるものすべてが、丁寧に紡がれる命の姿

ここにいるしかなく、どこにも行きようがない。

どこにも行きようがない。

この動物の体、不自由で途方もない脳、それらを俯瞰してみた時、現実があまりに…なんというか…なぜあるのだろう…なぜ目の前にこれらがあるのだろう…

意味ないじゃん…意味ないのに…なんであるんだろう…

 

という戸惑いの中で、生きております。そんなわたしに、今日も植物と虫が優しい。(え〜日本時間2017年10月8日現在です、オーバー!)

・・・・・・・・・

数時間後読み返したら、すごいね、マインドに乗っ取られてるんだね!マインドおばけってやつだよね。滑稽だけどそのままにしとくね!書いたら少しすっきりしたもんで。(え〜と、日本時間2017年10月8日晩ご飯後ですオーバー!)

 

 

 

それなりなわたしの近況報告よん〜〜

あっ、すごい、ほぼひと月ぶりかも!お久しぶりです〜お元気ですか?

ヒーリングタッチの体験会、わたしのブログを見て参加を決めてくださった方がおられると、主催の早苗さんから聞きました!

わ〜、ありがとございます!

わたしは朝から仕事が入ってしまい、残念ながら行けそうにないのですが、ぜひぜひ楽しんできてください…!

 

・・・・・・・・

えーと、近況近況。

わたしは元気…だったかな?元気…うーん、どうだろ、普通?しんどいことも、いいこともある普通の日々です…。

えっとさ〜〜ちょっと見て欲しいんだよ〜〜、このブログはスピな駄文ばかり載せている仮想アトリエなんだけども、アトリエ青鯨ってのは、いつか本物のアトリエが欲しいぞ〜って願いを込めてつけた名前でございます。いやいや実際絵もたまに描いてるんすよ!でも、その作業スペースというのが猫の額並みで、幅100センチない机に画材を広げて四苦八苦してきたんです。

f:id:walkonthisplanet:20170920174303j:plain

で、あまりにもストレスで、机を買い替えました!じゃーん、この広々スペース。150センチ幅に奥行き75センチ!奮発してA2のカッティングボードを買って置いたのですが、そのよこにライトボックス置いても、更にパソコンが置けるという…しゅごい!

f:id:walkonthisplanet:20170920174259j:plain

今までライトボックス上で何でもやってたし画材を置く場所がなくて床に置いたり重ねて置いたり、ぎゃ〜アレはどこだっけなんてしょっちゅうだったんですけど、これならもうダイジョウブイ!

ちょっとアトリエっぽくなったと思いませんか?うっふふふ、たのちいです☆雪乃さんから、仕事はかどるねって尻たたかれました。がんばるぞー!

ちなみに…

歴代のMacちゃんとおさらばするべく、最終の生存確認をしました。

f:id:walkonthisplanet:20170920174249j:plain

覚えてますか、スケルトンのiMac!わたしはグラファイト色〜。なんと、一瞬息を吹き返しました。数点の絵を救済したあと息絶えました…。。涙。

f:id:walkonthisplanet:20170920174255j:plain

PowerBookはまったくだめ。iMacPowerBookもそれぞれ修理もしてるんだけど、当時のMac製品は本当に寿命が短い…。今のiMacは実は10年使ってます。いろいろだめなところはあるから、買い替え時はとっくに過ぎてますが、まだまだがんばってる〜〜。歴代マシンで記念撮影。

今回京都の老舗文具屋さんのセールで、ソフトパステルもだいぶ増やしたの…見て…るんるんするやろ…??るんるんってなるやろ…????

f:id:walkonthisplanet:20170920174307j:plain

見て…青のバリエーション見て…

 

で、こんなわたしですが、整体の仕事もがんばってます。

要するに、毎日なんかしら、ちゃんと暮らしてます。このあたしが。

それなりにやっとります。

おススメさせて〜→9/23ヒーリングタッチ体験会in山科

天ヒーリングもすごいし、量子場観察術整体術もおもしろい。そして、いまからおススメするヒーリングタッチもちょ〜おススメです。

9月23日土曜祝日、今神早苗さん主催の、ヒーリングタッチ体験会があります。もしいままで、聞いたことはあるけど受講までは…と思ってた方、初めて聞いて、でも気になるなあ…と思った方、ぜひ参加したらいいと思う!

わたしは、現在まで進んでヒーリングタッチのセラピストになろうとはしていないものの、何年かけてもいいから全部受講しようと思っててね、レベル1〜4まであるうちの、レベル1を2回受けました(1回は主催だったんだけどね)。

で、この先もう1回レベル1を受けたら(すごいバージョンアップしたらしいので)、2を受けようと思っています。(レベル1を何度も受ける人は多いらしい(笑))レベル1の内容がちょ〜盛りだくさんで、濃いのよ〜。

そして、いま早苗さんがレベル4の課題である臨床集めしていて、いまわたしが忙し過ぎて中断しているものの、臨床モデルになってるんだけどね、ちょこちょこ受けるようになってから錆び付いてた人生の歯車ががっくんがっくんと動きました。

もともとヒーリングタッチは看護師さんが患者さんとその家族のために作ったもの。実践的で、ユニークで、しかもその美しさに心打たれるのよねえ…

わたしね、わたしはやっぱり、そのときその人に最善の健康っていうのが一番だと思うのね。一番の感心ごとは、健康なんかなあと。わたしらしく生きたりキラキラしたりも、お腹痛かったり頭痛かったりしたら考えられへんやん?(笑)

あと、わたしは見えないほうの身体も大好きなのよね!エーテル体メンタル体とか、そういうところに真面目にアプローチするの。

わしほんまにおススメよ。ヒーリングタッチはほんまによくできてる…看護士さんが習われることが多いですが、どなたにも、自分のためにでも、一度触れていただけたらなあと思っています。

以下早苗さんの投稿より

◎日時:9月23日(土)13時半~16時半

◎場所:アスニー山科(京都市生涯学習総合センター山科)
山科駅すぐ。大丸デパートの向かいのビルです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/…/yamashina/yamashinaaccess.html

◎参加費:2000円

◎内容:ヒーリングタッチの簡単なご紹介と、セルフケアなどの実習

◎お申込み方法:以下を明記の上、morinotane.aroma☆☆gmail.com(☆☆をとり、@に変えて)へお申込み下さい。
・お名前(フリガナ)
・ご連絡先(当日連絡がつくもの)

???どんな方が対象ですか???

◎経験、経歴など問いません。どなたでもご参加いただけます♪

・ホリスティックケアに興味のある方

・エネルギー療法に興味のある方

・ヒーリングタッチに興味のある方

・簡単なセルフケアに興味のある方など

???どんな事が学べるのですか???

◎ヒーリングタッチの説明やエネルギー療法、エネルギーシステムについて簡単にご紹介します。また、実習として簡単なセルフケアを体験していただきます。

・ヒーリングタッチとはどんなものか

・ヒーリングタッチのベネフィット

・ヒーリングタッチのテクニック(※実習あり)

???実習って何をするの???

◎エネルギーを見たり、感じたり、グラウンディングの仕方もご紹介します。また、ヒーリングタッチのテクニックを行っていきます。

・フィールドリパタニング

・セルフチャクラコネクション

ピンと来た方、ぜひご連絡下さいませ^^
お友達同士でのご参加も大歓迎です♪

引用ここまで

f:id:walkonthisplanet:20170828230528j:plain

f:id:walkonthisplanet:20170828230528j:plain