”私”は「それ」とは出会えない

“私”が創造したものを“私”が解放し、また別の何かを創造し、またそれを解放する、金魚鉢の中の生滅のプロセス。
ある要素が完結し、また、新たな要素がやって来ます。
確固たる意志を持つ“私”も、大きな目標を実現した“私”も、霊的成長を目指す“私”も、自己を見つめる“私”も、金魚鉢の中で起こっています。
それが、下位身体での“私”の成長というものです。
そして、それには、何も悪い事はありません。

 悪いことはないけど、もうたくさんだ…終わらないじゃないか…

もううんざり…

「それ」は、金魚鉢の中味とは、全く関係ありません。
“私”が何をしたかしなかったか、何を感じているかいないか、何を知っているかいないかには、一切関係ありません。


 “私”は、「それ」とは出会えません。
“私”を探る事で、“私”を知る事は出来ても、「それ」を知る事は出来ません。

 

 

ameblo.jpより

「それ」はずっとそこにあるんだとさ。

笑えるくらいのオープンシークレットなんだとさ。

いまの”私”は「それ」しか欲しくないので、”私”は去るよりほかないのだ、

 

アディオス!

 

https://www.instagram.com/p/BdP_KKsFzMM/

お坊さんがおススメしてくれた禅の本、まったく初心者のくせにまたこっそり買ってしまいました。猛烈に読みにくいです…まだ雪渓老師の十玄談のほうがずっと読みやすかった…頭でっかちの私はすぐ本に頼ろうとするのであった。。。

あけましておめでとう〜

新年あけましておめでとうございま〜す☆☆

https://www.instagram.com/p/BdY4Y7Zlw94/

Instagram

みなさん、健康に、または、這々の体で、とにもかくにも生きて新年を迎えたでしょうか。今笑ってますか、泣いてますか。傷ついてますか、満たされていますか?人生大好きで新年あけましたか、明日死んだっていいよな〜てかそうならねーかな〜ってうすぼんやりした絶望の中あけましたか。

別にこんなこと聞いたって私にできるこたなんもないんですがね、でもどんな心境ででもちょっとした息抜きにわたしの駄文読んで、へへってなったら、わたしはうれしいですよ。そんなにお役立ち情報書いてませんけどね、前回の歯磨き粉の話くらいですけどね。

わたしといえばさ〜、いま悩んでましてね〜。フラワーエッセンスの勉強をやめてしまおうかと…。勉強を深めると、自分にどう取り組むか、見つめるか、という作業になって、ひいては魂の癒しとか、魂の成長とか、そういう話にもなっていくのね。

それは、いかに自分をなくしていくか、削ぎ落としていくか、という禅の取り組みと矛盾するように思えて、というか自分の中で、「魂の成長」というのが幻想に思えるわけです。

エッセンス自体は大好きです。でも、これ以上「自分とは」「自分というもの」を強めたくはない。

だからといって、ただの道具としてフラワーエッセンスを使いたくない。勉強するなら深く勉強したい。

あ〜ジレンマです…。

ただ、フラワーエッセンスを扱いながら、この禅の境地からぶれない人がいるんですよね…マウントフジフラワーエッセンスの開発者です。

マウントフジのエッセンスは、大昔に使ったことがあったのですが、そのときは全くわからず。。。でも開発者のブログに、エネルギー身体について綴った記事があって、これは友達に猛プッシュしてもらって読んだらぶっとびました。こんな濃厚な情報を無料で読めるんか〜い!って。で、折りにふれて読み返しています。

神秘体験とか、チャネリングとか、ステキな存在とかと交信するとかってのは、第3身体の体験なんだって。でもそれは全てじゃない。そこからまだ外の身体がある。第4もまだ二元のなかで、第5身体へと広がっていくと、自分は大河の一滴となる。そして、第6身体では、大河と一滴という区別もなくなり、第7身体にいくと…

これは私達のからだ、見えないからだの解剖生理のような記事ですが、ヒーリングをする人も、される人も、得るものが多いはずです。非二元の話が、冷たいような、「ハートが閉じている」ような…と感じるわけもわかります。でもこれ、2012〜13年頃の記事なんですよね。全然古くない。

…と言ってわたし結構周りの人に勧めてる。なんかいま、役に立つ人が他にもいるだろう!って気になるんだもん。

ameblo.jpこのブログの、テーマのところに第1身体、第2身体…第7身体まであるよ。たくさんあるから、読み応えもばっちり。

霊的な探求の道のりで起こる様々な体験も、熱意や一生懸命さも、「そこ」へと至る為のものです。
道のりを歩んで来た“私”に、いつかそれらを“私”ごと捨てるしかない、「その時」が来るのでしょうか。
体験も、熱意も、一生懸命さも、全く役立たない、「その時」が。
“私”の理解不能を理解した途端、全面的に降参する、「その時」が。

 「その時」に辿り着く迄は、“私”が同化しているところに働きかけ、現象の面倒を見る以外に、何が出来るでしょうか。
身体に症状があるなら薬を飲み、手当をするように。

 究極的には役立たない段階を踏む事も、“私”が役立たなくなる迄は、無駄にはなりません。

 そして、究極的には役立たない段階を踏む事を、“私”がしてもしなくても、「それ」は影響を受けません。
“私”がどんな段階にいたとしても、「それ」はいつも在り続けます。
だから、安心してOKです。

 第7身体(24)より。

わたしの葛藤も、ここにヒントがあるかなあ。

とにかくおすすめでーす。書籍化したら絶対買うわ〜〜。

 

今年もよろすくおねがいします!

https://www.instagram.com/p/BdcfzILFJq4/

三枝龍生せんせいがプッシュしてて、ピンときたので使ってみることにしたよ、和暦のスケジュール帳😊モレスキン、ほぼ日、ジブン手帳全てに挫折し、450円の無印に落ち着いた私が、またこのようなチャレンジを…いや、ピンときたんだよ、ピンときたからには、なんかこう…あるんだよ…きっと…メイビー…

 

 

カメムシとカフェインと歯磨き粉の話(いっぺんにするんかい〜

せっかちなんですよ(笑)。飴も噛むタイプのよしだですこんにちは!

今年ももうすぐ終わろうとしている…意味不明ですね、わたしの許可もなく。

ちょっとカメムシの話からしますからね!

1)カメムシの大量発生

カメムシが大量発生した年は、豪雪である、とはよく聞く話ですが、実際全国そんな様子ではないでしょうか。

今年は秋頃からカメムシが部屋に珍入すること毎日でして、それだけならまだしも、身体接触が異常に多くてですね、カメムシ臭がトラウマになるほどでした。

頭に止まったヤツが胸に落ちてきて、そこですったもんだして臭いをぶっぱなす

出会い頭に首にぶつかってきて、そこで臭いをぶっぱなす

くつしたとレギンスの間に挟まって、1日中臭いをぶっぱなす(朝から探しても探しても臭いの元がみつからなくて、夜服を脱いだ時に、圧死しかけのカメムシがぽろんと…ごめんな…)

靴下の中はその後もありました。

冬が始まったあたりは、暖かい部屋の中をぶいーん!ぶいーん!と飛び回り、あの平べったい体で腹ウチするみたいにべし!っていろんなところへ止まる。うるさいのでつかまえて出す、を繰り返していましたが、寒さが深まってくると、地面を歩いていることが多くなりました。

そして…1ヶ月前から死に始め…そうじしているとそこここでひっくり返っております。おめーら…!冬越したいんじゃなかったのかよ…!こんな…こんなところで死ぬな…!などと励ましたのですが無理でした。

さすがに今年の接触は多過ぎるので、友達に話していたら、「カメムシもメッセージ持ってるらしいよ」と言うので、調べてみたんです。

いくつかのサイトで紹介されていたのですが、「深刻になりすぎるな」、でした。

…いやこれって…わたしが座右の銘にしなくちゃと思うほどドーン!ぴっしゃ〜!だったんですって…。。

わたし、深刻なヤツなんです…すぐ深刻になる…ものごとを深刻にとらえて、自分に落としこんでしまうんです。

人生、深刻になったって、しょうがないじゃないですか…意味ないっすよ…わかってるんす…

自分の人生の責任を、全身全霊でとることと、深刻なことは同義ではないっす…わかってるんす…

深刻さからは、自由さと、ひらめきと、ひろがりを奪われてしまいそうです。そうでない生き方があるんだから、それを選択しようと、思っています。でも、自動反応的に、深刻さを選んでいるのかもしれない…。

深刻さは、気楽さの裏側だから、逆に言えば、お気楽さもわたしの質だって思ってもいいんじゃないかな。だれもが、そうなんじゃないかな。

ユーモアがあれば、人生はなんとかなる。

来年は、お気楽に生きることに、真剣になりたいと思います。

カメムシのステキメッセージでした。臭いはなんとかせえよ…

 

2)カフェインの危ない経験

わたしはコーヒーが好きなんですが、体調がイマイチになると飲めないので、基本的には体にカフェインが合っていない、となんとなくわかっているのですが。

ある日久々に会う友人と、長居したいという理由で思い切ってホテルのラウンジでおしゃべりしました。

コーヒーにも目を見張るような値段ついてますけど、おかわり自由じゃないですか!素晴らしいですね。何時間もいるのに、イヤな顔ひとつせず、「おかわりいかがですか」と回ってきてくれる…ありがたや…

で、調子に乗って、4杯飲んだんですよ。で、そのあたりから心拍数が上がっているのに気がつき、手が震えだすのに気がつき、蝶形骨が細かく振動し始め、体がフワフワし、いやな感じになりました。

ツイッターにちょろっとそれを書いたら、コーヒー好きの友人が「一気にカフェイン摂るとあぶないよ!」と注意を促してくれました。

お水をたくさん飲んで、お風呂に入ったところでようやく震えが緩解。その晩夢を見ました。

虫と仲良しのはずのわたしもさすがに「うわあ…」ってなるほどたくさんの虫がうじゃうじゃ…気持ち悪さで目が覚めた。すぐ夢占いを検索すると、「著しく健康を害している」と…怖!!

肉体的には、相当負担がかかったようです…。

コーヒーによるカフェイン摂取での致死量はカップ80杯くらいと読みました。でも、個人差で、今回わたしなら、4杯で急性症状出たわけで、それだけで十分苦しいです。

みんなも気をつけてね…わたし、ホテルのラウンジなんて久々だから調子にのっちゃって…(笑)。

 

3)歯磨き粉の話

これは、わたしが整体の出張で行っている美容院で、髪を切っているお客さんから聞いた話。

そのお客さんは歯科助手さんなんだけど、まず、顆粒系の歯磨き粉はやめてくれって言ってた。あれ、歯と歯茎の間に入って溜まっていくんだって…歯石取りに来たお客さんの歯茎の間から、あれが溜まって塊になったのがぼろって出てくるらしい…きもい…あれは自然のものじゃないから、溶けることもないし、人体にもいいとは言えないと。わ〜使ってないけどこれからも使わないぞ!

それから、やっぱり白くするやつは研磨剤が入っているからすすめない。

それから、血圧高い人は、塩系の歯磨き粉は絶対やめてって。よく考えたら、フラワーエッセンスも舌下に落とすし、筋肉反射テストに不可欠な水分も、舌下に含ませるよね。口の中からの浸透は思ったより影響あるのかな。

 

どうです、ちょっとお役立ち情報でしょ?3)なんか、スピでもなんでもない普通の話しやし(笑)

https://www.instagram.com/p/BdUAtXzFSDI/

今年もよく実験できました。とりあえずお片づけ。

 

いつものぼやきよ〜〜♡

やっほ〜みなさん、意識的に、生きてますか?(あやしい

いや〜、前回紹介した本、変性意識になるせいか、神秘体験?みたいなものが続いてしまい、グランディングが弱くなったのがわかったので、ちょっと、やめました(笑)。どないやね〜〜〜ん!いやでも、なんか危ない目にもあったんで…

そうでなくても神秘体験に一喜一憂してる暇ないねん…ただでさえ座禅ちっとも楽にならならへんねん…

https://www.instagram.com/p/BcZ6r2gFn63/

こないだもさ〜、ものすご〜く安定してたあと、不安定になって、ええ〜そんな…と、慌てふためいてしまった。あれやこれやフラワーエッセンスを探し、筋反射テストをし、自分のどこが「ここだよここ!」と言っているのか…ひととおりオロオロしたあと、我に返りましたよね…この体に入って限定された自分を生きている限り、こういうことなんですよ。

ここに収縮してよしだを生きる限り、癒しのゴールなんて、苦しみの終わりなんて、絶対にない。絶対にないです。

先日、ほんのちょっとしたことで、自分がおざなりにされている、と感じ腹を立てました。え?自己価値低い?が〜ん、調整しなきゃ!

……この狭量さは、よしだの性格ですよ。こういう傾向があって、だいたいこのへんウロウロするんですよ。

 

人と喋ると平常運転だけど、だいたい一人でいるときは、体も感情も自分ではないということが普通になってきました。あ、思考は怪しい…(笑)。とにかく、わたしは体の中にいるという感覚が希薄になってきました。

アロマオイルのブレンド頼まれててね、自分を大切にするというテーマで。自分を大切にするってどういうことだろうと考えた。そして、自分を愛するって、どういうことだろう?とも考えた。からだでもなく感情でもなく、よしだという感覚も希薄なら、愛するとは何を愛することになるのか?

この体験全てを、ということでは?

それが自分を愛するということではないのか?

それが自分を大切にするということではないのだろうか?

 

自分の浅ましさ、狭量さなんか、調整したってどうしようもない。そこに埋没しなければいいのだ。苦しみを味わって、拒絶している。埋没しているくせに、拒絶しているのだから、苦しいに決まっている。

 

なんだろう、怒りが出てきた。わからんちんのわたしめ!いつまでも頭でっかちな、かわいいだけが取り柄の(うそで〜す)。

https://www.instagram.com/p/BcZ6r2gFn63/

でね、いや、今日はここにおススメのリンク貼ろうと思っただけなんですよ…雪担老師が悟りを開かれるまでの日記、何度読んでも泣く…独特の調子で読みにくいかもだけどそれも味で…興味ある方は是非…!

雲水日記 一

あ、カメムシの話がまだね…!

あっ、それと、カフェインの話を…あ、あ、こないだ歯磨き粉の面白い話も聞いたのでシェアしなきゃ…

https://www.instagram.com/p/BcZ6r2gFn63/

犬ってかわいいよね〜。

https://www.instagram.com/p/BcZ6r2gFn63/

ね♡

 

 

意識的に生きるためのワーク(おススメ本)

やっほ〜よしだです!

この本には、身体症状に関して、縦横無尽なインナーワークがたくさん載っています!それがとてもよくて、わたしは加速度的に元気になってきたのでシェアします。

f:id:walkonthisplanet:20171125220157j:plain

土台となっている「プロセスワーク」は、本書の著者アーノルド・ミンデルさんが70年代に作った心理療法で、ユング夢分析の原理が、身体症状にも当てはまるよ、ということらしい。

で、夜見る夢というだけでなく、『私達の存在の深層で働いている創造的イマジネーションのプロセス』を『ドリーミング』と呼んでいてね、

身体症状に意識を向けていって、自由にイマジネーションを膨らませるのね。そこから、イメージが膨らむにまかせていく。そのイメージこそが「夢の領域」であり、測定は不能だし、合意的な現実からはかけ離れてるけれど、それが自分を動かす原初の見えない力(本では、沈黙の力って書いてる)で、そこにものすごい情報があるよ、と書いてある。

 

タイトルに「宇宙の声」とか書いてあるから、ちょっとなあ…って思ったんだけど、当然これが本屋さんの心理学コーナーで浮きまくってるんですよ(笑)。で、思わず手にとって立ち読みしたら、あ、これいいかもしんない!って思ったのでした。

 

身体症状に微細な自覚を向けていく、そしてつながる世界とは…というところに、量子力学とかナノサイエンスとか、波動関数とか禅とかシャーマニズムとか、タオイズムとか、まあ〜〜いろいろ書いてある!(笑)小難しい話がいっぱい出て来るんだけど、わかったようなわからんような(笑)。わからなくても、ワークはできます。とにかくワークが楽しく、有益に思えます!

 

身体症状は、微細な経験や気付きを、合意的な現実とは無関係のものとして周縁化しているから、気付きを要して出て来るものだって。

だからといって、その経験や気付きから深いところへ広がった時に伝えられる情報は、なにも警告というわけでもないのが面白いです。

ワークを繰り返していくと、困ったものとみなすしかない様々な症状も、多次元的に見ればいい悪いを超えていることがわかってきます。ワークは人間関係もテーマに進みますが、例えば、いま不穏な状況になっている現実は、背後にある微細なエッセンスを周縁化して、もっと広く深い部分でその人と共有している場、エッセンスに気づいていないからだと。背後にある見えない現実では、困った人は相手ではなく自分かもしれない。または、ふたりの可能性を伝えているのかもしれない。そうすると、イヤなヤツなどいない、ということになります。

さらに、属する社会、遺伝、老いや死についての隠れた知性に導いてくれるワークがいっぱいあります。

これをやって劇的に現実が変わったって自覚は正直ないけど、とにかく元気になったし、身体感覚も細やかになった気がするし、からだがどう感じているか気を配るようになったなあ。たしかに、身体の微細なサインに意識的になる、というところは、座禅のようでもあります。とにかく、静寂の中で自覚に焦点を当てる、ということが大事なのね。それは、いまにいる、ということにもなる。

 

病気は治すものというだけでなく、まるで禅の「公案」のように、『意識の拡大(深化)を目的とした、一見答えようのない問いなのだ』って書いてあって、そうかもしれんなあって。わたしたちは、なんにでも意味が欲しいでしょ?症状には病名がついて欲しいじゃん?でもその前に、非常に微細な揺らぎとしてノックしてくる身体の持つ知性に意識的であることが、今後の医療には大事なんだ、って書いてあった。

ワークは、実は最初の方は抵抗があったんだよね。例えば、体の症状に関してあるイメージが湧くと。そのイメージを手を動かしたりして強めていく。メッセージやなんらかの意味がわかるまで、やや強引でもいいからイメージを膨らませていくんだけど、

マインドに意味を付与させたって、それは症状に病名をつけたい欲求と変わらないんじゃないかなって。

で、そういう風に得たイメージは、その人がまた握りしめるドラマなんじゃないのかって。ドラマ増やしたってしょうがなくない?

でもミンデルさんは、それらのイメージもまた現実で、神話だと。あなたの神話を羽ばたかせてくださいって。実際、ワークを全部やったけど、いくつかの印象的なイメージが、わたしを温めてくれこそすれ、エゴを強化する材料には不思議なことになってない気がします。また、老いとDNAの章では、十牛図を用いて、老いとは、個人的な履歴を手放していく(周縁化を行うエゴの死)ことの非合意的意味だと言っています。

本の帯には、「心ある道」を生きるための心理学、とあります。要するに本書は、「意識的に生きる」ことが、どれほど生き生きとしたリアリティを取り戻すことになるか、ということを提示してくれてるのだなと思います。

これほんとおススメ〜。ワーク好きな人は、ぜひやってみてね!

わ〜〜おお久しぶりです

お元気ですか?わたしは元気です!

ネタはいろいろあるんですが、言語化するのが面倒くさくて(おい!)、なんかこう、細胞とか、周辺を漂っている自分の今の理解?みたいなものを、そのままに現すってことができないでしょう?言語化した途端チープになる気がして、そのまま置いておこうと…。。。

そんなときに出来た素晴らしいポエムですご覧ください。

https://www.instagram.com/p/BatcbW8FDvi/

Instagram

後半はちょっと意地悪なオマケです(笑)。

フラワーエッセンスの講座も2期に入っていて、面白い発見もいろいろあるのでそれもシェアしてみたいなあ。

あとねえ、ベックさんのライブも行ったんだよ〜幸せだったな〜〜〜♡

https://www.instagram.com/p/BaoaWe4FWUS/

さいこう!かわいい!かわいい!さいこう!#新木場studiocoast #beck

サティシュ・クマールさんのおはなし会に行ってみたよ。

みくさのみたから、という集いに行ってみたよ。

あ、ブレードランナー観に行った!?も〜〜美しかったね…涙。今年は大作でも滋味深いおはなしのものが多かったよね。当たり年ってやつかな?

いま読んでる本も、自分でできるワークがとても面白くて、なかなかいいのでシェアしたいです。

などなど、また地味に更新していこう…。

みんなは元気かな?元気だといいなと思います。

元気じゃなくても、ちゃんとサイクルがあるから、信じて、目の前のこと丁寧に丁寧に、紡いで行こう。

大丈夫やで〜〜♡

目が覚めてきた…

前々回の記事は恥ずかしいですね。誰かの気分を害したり傷つけたりしているかもしれない。膿みのような記事ですね。出したかったんだと思います。読んでくれた方ごめんね、でもありがとうございます。

「わたしには許せないことがあって」のくだりはひどいですね。でも、意識にはそう頻繁に登らないんだけど、ずっとそう思ってきていてだんだんしっかりしたしこりになっていた。要するに、自分が許せないわけです。わたし、自分が癒されたいことを他人に転化して、人を癒したいと思ってこの業界に入ったし、自分がキラキラするために模索したし、国家資格でないというところがコンプレックスだった(たぶん自覚している以上に)んだと思う。

でもどうしたことか、なんかボロボロと、そのわだかまりが落ちてしまって、不思議なほど。あの記事を下げようかどうか悩んで、ああいうクソみたいな部分もわたしだったので、さらしておこうかとも思ってるんだけど、万が一、なにかの折りにあの部分を読んで、傷つく人がいるかもしれない。どうしよう。どうしたらいいですか。傷つけたくない。

悩んだまま続けます。

わたしは自分のホロスコープを見るのはとても役に立つと思っているんだけど、(特に、いけだ笑みさんのこの一連のツイートは本当に衝撃でね〜〜〜。わたし自分の太陽星座が嫌いだったの。見ないようにしてたの。いけださんは、太陽星座とちゃんと向き合わないと人生はいづれ詰む、って書いてて、やっと思い当たるフシにいろいろ気づき、ハッとしたわけ。)

今回占星術関係で、10日にがらっと空気が変わる、という記事はよく見ました。わたし実はそういうのはよくわからなくって、いつも、なにが変わったんだろう…と思ったりしてたんですが、今回は、なんか、本当にそのころに、ふ、と目の前が明るくなったの。

数秘的にも特筆できる日であったらしいし、なにより、その日、わたしは今まで飲んでたフラワーエッセンスをとめて、アルニカとアンジェリカを飲み始めました。

https://www.instagram.com/p/BaNcD3vFH4n/

Instagram

いや〜…アルニカを飲んだ途端、ふ〜…と落ち着くのを感じました。

アルニカ…過去の肉体的、精神的ショック、トラウマの癒しに。精神的要素が原因で身体や心のバランスを崩しているときに。

なんと…なんかよくわからんが…全体的にヨレヨレだったのか…説明読むとぎょっとするけど、ちょっと心当たりある人はこれ飲んでみるのいいかもです…!

アンジェリカは天使とのつながり、サポート、みたいに書いてありますが、「霊的な孤立感」というのがずっとしばらく私にはあって、それで思わず飲もうと思いました。安心感のためのエッセンスだと思います。自分の中の寂しさというのは、自分で満たしていくより方法がないよね。

https://www.instagram.com/p/BaBiIZkFss1/

ソーダ味の金平糖

昨日、訳あって、フェイスブックに2016年ごろ投稿したある記事を探していて、ざーっと見ていったら、「何かが変わったみたい、なにかわからないけど、自分は変わった」みたいなニュアンスのつぶやきをアップしてて、思わず「プププ…なに気取ってるんや…おまえその後も似たようなことで七転八倒するっちゅーねん」と笑ってしまいました(笑)。

人間であるかぎり、喜びがあれば、必ず苦しみがセットなんですなあ。喜びだけの国が、世界が、境地が、あると思っていたこともありました。でも、どうもちがうのね。もともと人間に、備わっている機能のひとつなのだから、苦しいのはいやだけど、悪いことではないんだなって。悪いどころか、美しいんだなって。

でもできれば、なるべく、優しい気持ちでいる時間が長いといい。

ところで冒頭の件、どうしたらいいでしょう。

下げるか。下げようか。

下げます。

いや、残します。